Skip to content

コピー機の最新事情とリースの利用について

かつてに比べると今のコピー機はかなり機能が充実してきていることはご存知でしょうか。

もちろん一枚一枚の複写スピードやその正確性に関してもかなり高いものになってきており、部数単位で印刷するなどといったことも可能になってきていますが、その操作画面などもタッチパネルによってとても簡単で、どのような従業員であってもすぐに使い方がわかるようにされています。またスマホやインターネットなどと接続して遠隔地からコントロールし、まったく別の場所で撮った写真の画像やPDF文書などをすぐに紙の文書にすることなどもコピー機で可能になっています。

しかしながらそのぶん一台あたり、のコストは非常に高くなってきており導入の際にまとまった資金が必要になるといった問題点がありますが、そこでオススメしたいのが貸出サービスであるリースやレンタルです。リースやレンタルは一体何が違うのでしょうか。もしかすると両者は同じ意味だと思っているかもしれませんが、貸して出す期間によってリースとレンタルの呼び方が変わってきます。

長期的に貸し出すサービスの方をリースといい短い期間のものをレンタルと呼ぶのですが、長期的に貸し出すような場合であれば中途解約などになると違約金が発生してしまったりします。まず契約をする際などに業績や売上などといった観点から、毎月しっかりと支払いができるかどうかといった審査があることに注意しましょう。コピー機のレンタルの方であれば、ランニングコストの方は高くなってしまいますが、そのぶん契約などの際の手続きが簡単ですがすぐに利用を開始することができるようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *