Skip to content

コピー機リースのメリット

コピー機をリースして利用するメリットはいくつもあります。

一つは、事業資金を効率的に使えるということです。コピー機を購入すると、初期費用として多額の資金が必要になりますが、リースですと月々の利用料の支払いで済みますから特に初期の立ち上げ段階において資金を圧迫することがなく、その資金を本来の事業活動に振り向けて利益を生み出すことに使えます。税制面でも有利です。月々の利用料は当然ながら経費として処理できますからその分だけ利益を圧縮することができ、結果的に節税になります。

コピー機そのものはあくまで借りているわけですから会社の資産にはならず、固定資産税が発生することもありません。リースの場合は、借りる期間が決まっていますが、これは見方を変えれば期間終了後は新しい機器に交換することが予め決まっているということもできます。たかがコピー機と思われるかもしれませんが今ではある意味で高度なOA機器であり、年月の経過とともに次々と新しい機能が付け加わったりしています。

つまり、機器の陳腐化を防げるというメリットもあるわけです。一方で、原則として中途解約ができないという点には気を付けておく必要があります。どうしても中途解約したい場合には、残りの契約期間分に相当する利用料を一括で支払わなければなりません。あまり先のことは読めないという場合には短期でも借りることのできるレンタルという方式を取ったほうが良いこともあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *