Skip to content

コピー機のリースについて

コピー機のリースですが、メリットは多いものの、考えておかないといけないこともあります。

まず基本的に法人組織でないと利用することができません。一般の個人はそもそも利用できないということです。元々リースというのは法人に対して税制面などメリットの多い方式ですので、個人で利用を検討するようなことはあまりないでしょうが、一応は留意しておくべきでしょう。個人事業主の場合に利用できるかどうかはケースバイケースですが、適用されないことも多いです。

また、コピー機を借りる期間というのは数年単位と比較的長期間に設定されていることが多く、契約期間中は原則として中途解約ができない点にも注意が必要です。長年にわたって安定して事業を営んでいる法人の場合はともかく、ベンチャー企業のように数年先のことまではまだあまり見通せないという場合は注意したほうが良いでしょう。どうしても解約しなければならない場合は違約金が必要になったりします。

また、コピー機のリースというのは契約に基づき、その期間中は利用料を毎月支払いますという約束をすることですから、本当に支払い能力があるのかどうかの信用が問われます。もっと率直に言うと、信用情報機関の審査を受けてパスしないことには契約させてもらえません。この審査はお金を借りるような場合の審査と比べるとかなり緩いことは事実ですが、それでも審査に落ちる可能性はあるということは理解しておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *