Skip to content

コピー機のリースの利点

コピー機のリースとは、購入する代わりに借りて使うことです。

主としてオフィスなど法人が対象で、個人で利用することは基本的に想定されていません。個人が家庭で使うような機器はせいぜい数万円程度、安いものであれば1万円を切るものもいくらでもある時代ですが、オフィスで利用するような大型で高性能なコピー機は、購入すると数十万円することも珍しくありません。

もちろん個人ではなく会社なのだからその程度のお金くらい用意できるだろうと思われるかもしれませんが、ベンチャーなど事業を新しく立ち上げるような場合には、その程度のお金でも極めて貴重です。そもそも、少しでも資金に余裕があればコピー機などよりも本来業務に回したいと思うはずでしょう。こういう場合はリースという選択肢があります。リースですと、初期費用が大きく抑制できるという利点がまず挙げられます。その分、立ち上げ時などの困難な時期に資金計画に余裕を持つことができるわけです。

また、必ずしも立ち上げ時だけに限ったメリットではありませんが、あくまで借り物であるため会社の資産にはならず、その分だけ固定資産税などがかからないという点もあります。もちろん、毎月の利用料はかかりますが、これは必要経費として計上できますから、その分だけ月々の利益を圧縮でき、税金対策になるという側面もあります。もちろん購入した場合も購入代金は経費になるわけですが、最初の1回だけでは節税効果が少ないわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *