Skip to content

コピー機のリースの特徴について

昔の時代とは異なり、コピー機の複合機というものが大変機能が増えてきています。

人感センサーなどを備えて、近くにユーザーが検知されたような時にすぐに利用できるようになっている機能なものなどがリコーやキャノンなどから販売されています。かつてはコピー機の前に立ってスイッチを押して、それから始めて起動が始まるためそのウォームアップから待たなければいけなかった時間などが削減されるようになってきているのです。

そのような高い機能を備えた複合機を導入することによって、人件費の削減や経費の削減などが見込まれるわけですが、最初の導入の際のコストがかかってしまうという難点があるでしょう。そこでオススメしたいのは、コピー機や複合機のリースやレンタルといったサービスを活用していくことです。レンタルやリースは一体何が違うのでしょうか。業者は貸し出しという点では同じですが、その貸し出しの期間の長さによって呼び方が変わります。

1日から数ヶ月などといった短い期間の貸し出しの場合がレンタルで、3年や5年あるいは7年などといった大変長期的な貸し出しを行うような場合がリースです。法人設立直後などの場合でもリースを組み立てることができるようなサービスを行っているところなどもありますので、できるだけ早めに利用してオフィスの生産性アップを図ることがとても大切だということが言えるでしょう。コピー機のリースの特徴や違いなどをよくチェックして、最適なものを選べるようにするのがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *