Skip to content

コピー機をリースするメリットとデメリットとは

コピー機をリースするメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

まずはメリットからご紹介します。まず1つ目のメリットは、コピー機導入にかかる多額の資金が必要なくなることです。借りることで月々に一定の料金を払えば済むので、資金を効率的に運用することができます。ちなみに、月々のリース料金は税務上認められた期間であれば、すべて経費として処理することができます。

法定耐用年数より短い期間で借りる期間を設定できるので、償却期間を短縮することが可能です。また、固定資産に計上されないので、財務比率を悪化することもありません。2つ目のメリットは、リースを利用することで銀行に対して借入枠を留保したまま、購入と同じように機械設備が使用できることです。設備投資について実質100%借り入れた場合と同様の状況となります。

これにより、借入枠の温存か可能です。3つ目のメリットは、資金計画が立てやすくなることです。通常月々一定の金額を支払えば良いので、長期的な計画を立てることができます。コピー機を借りるデメリットは1つだけあります。それは中途解約ができないということです。これは複合機にも当てはまります。月々の支払金額はリース会計基準で定められており、リース会社が利用者に代わって商品を購入しているからです。しかし、諸事情によりどうしても解約が必要な場合は、残存期間の費用を一括で支払えば解約できるケースがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *