Skip to content

コピー機をリース契約により使用すること

オフィスなどでは印刷を大量に行うことがあります。

このときコピー機を自ら購入するよりは、リース契約により一定期間借りて使用をすることで、その費用を抑えることが可能です。購入では設置から各種設定、インクの補充なども購入者が行わなければいけません。借りている場合には所有者側が原則として対応しますので、人手がかからずに済みます。

家庭用のコピー機などを想定している場合、印刷枚数が少ないことがあります。この場合にはあえてリース契約を行うメリットが薄く、購入したほうがいい場合も多いです。使用する頻度や月々の費用負担などを考慮して使用するのがベストとなります。

パソコンなどが複数台あって、プリントアウトを行う場合には競合したりします。印刷側での設定が欠かせない場合もあり、コピー機をリース契約していればその契約先の業者が対応をするものです。またインクカートリッジの交換なども定期的に行うことが一般的で、故障時における対応も任せることになります。立ち合いなどが必要になることもありますが、作業の多くを業者任せにできますので負担軽減になります。このようにコピー機のリース契約にはメリットがある一方、その費用負担に見合うかどうかを見極めることも重要です。印刷枚数が家庭用の場合にはそれほど多くなく、かえって負担が大きすぎることもあります。費用負担なども考慮して対応を考えていくことで、ベストな使い方ができるものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *