Skip to content

短期利用の事務所におけるコピー機レンタルの活用法

事務所には法律事務所や会計事務所のように常設のオフィスを持つものだけでなく、選挙事務所のような特定の期間だけ必要になる事務所も存在します。

例え利用期間が限定されているとしても、コピー機やプリンターのようなオフィス機器は必要不可欠となります。一般的にはこうしたオフィス機器に関してはリース契約で利用するというケースが多いですが、コピー機の場合はリースとなると長期間継続して利用することが前提となりますので、短期利用の事務所には不向きであると言わざるを得ません。

そういった事務所向けに役立つのがレンタル契約という方法です。レンタルの場合はコピー機を買い取ったり、リース契約をすることもなく、必要な期間だけ借りることができるという点が大きな特徴で、この点は短期利用の事務所のニーズと非常に合致しています。レンタルであれば、1週間とか1か月単位で借りることができるので、これを有効活用すれば無駄な経費を省く効果も期待できます。

また、契約の内容次第では印刷に使うトナーなどが予め契約金額に含まれている場合もありますので、コストの計算がとても簡単に行えるという点もメリットとして挙げられます。仮にレンタル期間を延長する場合には、契約に基づいて柔軟にスケジュールを変更することができる場合もあります。このようにコピー機を短期間利用したいと考える際には、レンタルという方法を採用することが最善の方法であると言えるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *