Skip to content

コピー機のレンタルって大丈夫なの?

コピー機の導入の大半はリースによって行われ、購入やレンタルはどうしても少数派のイメージがあります。

さらに、レンタルは購入よりもマイナーな方法だと考える経営者も多いとされます。コピー機のレンタルの最大のデメリットは、「安全・快適に使えないかもしれない」という不安にあると言えるでしょう。その理由は、中古品が貸し出されるからです。この点については、確かに故障のリスクや印刷速度が遅すぎる、欲しい機能が搭載されていないコピー機が導入されるといった可能性があることは否定できません。

実際に、こうしたリスクに見舞われる利用者はいます。トラブルが発生すると業務の効率が大きく下がりますので、「レンタルはダメだ」という意識を経営者が持ってしまうのはやむを得ないことと言えます。しかし、一方では厳選した中古品を貸し出し、アフターサービスまでしっかりとサポートする優良なサービス会社があるのも事実です。

こうしたサービス会社は比較的使用頻度が少なく、製造年月も新し目、見た目も綺麗なコピー機のみを取り扱い、これを利用者に貸し出すことで収益を上げる体制が整っています。コピー機に関する整備技術を持ったスタッフを抱える会社も多く、その技術を活かした品質管理・アフターサービスにも注力しています。そのため、マシンのトラブルが発生しにくいとされ、発生した場合の対応も迅速かつ適切なものです。レンタルを利用するのであれば、こうしたサービス会社を利用することが不可欠です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *