Skip to content

コピー機のレンタルは、契約期間の考慮を

コピー機を新しく購入するには、それなりのコストが掛かります。

中古購入という考え方もありますが、機種が古かったり、故障した場合にかえって費用がかさむおそれも否定できません。そこでレンタルという選択肢はどうでしょうか。十分な予算を準備してなくても大丈夫ですし、短期から借りられるので有効性を試すにも最適です。また一時的な事務所で使用する場合など移転の度にコピー機も一緒に移動するのでは、運搬コストを考慮すると効率的とはいえません。

レンタルならば貸主に返却するだけで済みますし、必要があれば移転先に搬入してもらえます。さらに故障した際の修理も貸主が負担するので、借主はレンタル料金だけを定期に支払うだけです。予算計画が立てやすいのも定期支払のメリットです。ただし注意が必要な点は、利用する期間や使用頻度などを確認することです。長期を予定しているならば、購入したほうがコストを削減できる場合があります。

毎月のレンタル費用は有期を見込んで若干高く設定されており、長期の契約で毎月の料金を支払っていくと、結局新しい機種が買えたという結果になりかねません。したがってコピー機のレンタルを考える際は、使用期間を確認することが重要です。またサービス対象エリアの見極めも忘れてはいけません。借主の業務が広範囲に及び、貸主のサービス対象エリアが狭いと迅速な運搬やメンテナンスができない可能性があります。料金はもちろんですが、その他の利便性を含めて最適な会社を選びましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *