Skip to content

買い替えではなく解像度が高いコピー機をレンタルする

パソコンでもオフコンでもグラフィックや計算結果を確認する場合に1人の人に伝えるのであれば、わざわざプリントアウトしなくても画面を見てもらうだけで充分だと感じている方は多いです。

ところが画面と書類では大幅に差があり、大きな差として挙げられるのが色合いになります。これはコピー機によって違ってきますが、近頃はインクの品質が良くなってきているため、それほど気になりません。気になるのはプリントアウトした場合に感じる印象です。画面からだと光って目立たなかった部分が、プリントアウトすることにより見栄えが良くなります。

気に入らない部分を差し替えてもう一度印刷する作業を繰り返しすと理想的なグラフィックに近づく訳です。画面で見た色合いとプリントアウトした色合いが大幅に異なる場合は、コピー機の解像度が低い場合があります。そのような場合はコピー機を買い替えたくなりますが、高い解像度の機種は値段が高くなってしまう訳です。

購入するのではなくレンタルするという方法もあります。購入した場合は保証期間を経過してしまうと、自分でメンテナンスをする必要性が生じてしまいます。しかし、レンタルであれば自分でメンテナンスをする必要がなく、調子が良くないと感じたらレンタル会社に電話を入れればエンジニアの方が駆けつけて修理してくれる訳です。レンタルしたコピー機が修理不能になってしまったら交換することが可能な場合が、ほとんどとなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *