Skip to content

コピー機は買い替えるよりもレンタル契約を

事務所にあるコピー機が古くなってきたら、そろそろ入れ替えの時期です。

古さが目立つ事務機器では、業務効率が悪くなってしまうかもしれません。新しいコピー機へ総入れ替えをすれば、現場のスタッフが効率よく事務仕事を進められるでしょう。ただコピー機をお得に使うなら、機器を大量に購入するよりもレンタルすべきです。一般的なビジネス文書やプレゼン資料などは、パソコンのプリンタで印刷する事が増えた、こういったオフィスにおいてコピー機を大量に一括購入するメリットは少ないです。だからといって古くなった製品をそのまま使い続けるのもNGです。

旧型の製品は専門の業者に相談して引き取ってもらい、新しい製品をレンタルサービスから調達するのが良いでしょう。レンタル契約に切り替える事で、オフィスの維持費が大幅に安くなります。税制面でも、月々のランニングコストの面でもレンタル契約の方が非常にお得です。レンタルのメリットは、必要な時期に必要な台数だけ調達出来る点です。ビジネスが多忙を極める6月だけ機器を大量に使いたい、それ以外の時期はむしろ不要だ、そんなオフィスのニーズに応えてくれます。

中古コピー機を貸し出す会社のサービスを使えば、コストパフォーマンスが非常に高くなります。やや型が古いものの、実用性は抜群であり、現代のビジネスシーンでも普通に使えますし、保守や点検などは貸し出す企業が代行してくれるので平気です。ユーズドなので微細なキズや使用感はありますが、費用対効果が非常に高くなるので買い替えるよりも、断然お得です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *