Skip to content

コピー機レンタルサービスは検討すべき?

ペーパーレス化が進んでいる現代ですが、コピー機が果たす役割がゼロになったわけではありません。

スタッフ間の情報共有という側面では利用が減ってきた部分はありますが、顧客に何かを提案する場合などは、紙の文書は今なお不可欠です。ただし、コピー機が従来ほど必要なくなったというような会社の場合は、あえて新品の機械を購入したり、リース契約を結ぶ必要はないかもしれません。中古機種で十分という場合には、レンタルを利用した方がコストを削減できる可能性は十分に考えられます。法人がコピー機を導入するのは、リースが当たり前と認識している人は決して少なくありません。

確かに、リースは最新の機種を初期費用なし、しかも比較的低コストで導入できるメリットがあります。使用頻度が高く、高品質な文書を作成する必要がある会社にとって、これほど便利なサービスはないでしょう。一方で使用頻度は低く、ハイクオリティを希望しないのであれば、中古品を借りるレンタルの方がリーズナブルなケースも登場します。

しかも、レンタルだと故障時の費用負担を利用者側がする必要がありません。このように、レンタルは意外に有利な契約形態であることがうかがえます。今後、ビジネスにおいてますますペーパーレス化が進むことでしょう。以前のように紙の文書を印刷するケースが減った会社や、文書のデジタル化をますます進めていこうとしている会社などは、コピー機をレンタルに切り替えても良いかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *