Skip to content

コピー機レンタルの利点は、使いたい分だけ使えること

家庭で節約志向が高まっているのと同様に、会社ではコスト削減は大きなテーマとなります。

売上を伸ばすとともに、無駄を極力減らすことで、会社の利益は最大化することが可能です。そして、コストを削減するためには可能な限り、使いたい分だけ使うことがキーになります。コピー機を購入でもなく、リースでもなく、レンタルを活用する利点は、使いたい分だけ、そして使いたい期間だけ利用することができる点と言えます。一般的に、コピー機(カラーの複合機)は購入すれば120万円~400万円程度の費用が発生します。リースの場合は、トータルで見ると購入費用×1.1倍~1.2倍程度になるのが一般的です。

さらに、修理代金(もしくは保守料金)、カウンター料金などが加算されることになります。一方で、レンタルについてはリースよりもやや高めの料金とされるのが一般的です。しかし、中古のコピー機がレンタルされることになるため、実質的な月額料金についてはそれほど差がないとも言われます。故障時の対応についても、原則としてレンタル会社側が負担することになるため、しっかりと検討すればリーズナブルな価格で利用することが可能です。

しかも、先ほど述べた通りレンタルだと必要な時にだけ利用することができます。コピー機のレンタルをそれほど使わない時期があるならば、低価格のインクジェットプリンターで代用したり、コンビニの複合機で間に合わせることも可能です。ただ、注意しなければならないことは、搬入搬出費用が発生する点です。頻繁に設置、撤去を繰り返すとなると、予想外に費用が膨らむこともあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *