Skip to content

中古コピー機販売店のレンタルサービス利用の選択も

リースよりも気軽な契約ができるコピー機のレンタルですが、利用をするにあたり料金のことは気になります。

月額利用料金に関してはコピー機自体の印刷速度とも関連しており、スピードのある方が高くなりがちです。とはいえこれは現金一括で機器を購入する際にも、機能として印刷速度が速いタイプのほうが値段が高くなります。リース契約と比較をした際に、少しだけ値段はレンタルのほうが、月額利用料金は高くなる傾向です。オフィス機器全般に対応して企業に機器を貸し出す会社を利用することもできますが、中古コピー機販売店の利用をすることもできます。

様々なオフィス機器を取り扱う会社の方が、料金は若干高額になりがちです。月々の支払いをできるだけ抑えたいと考えるのであれば、中古コピー機の販売店の利用があります。販売店ではレンタルサービスを提供していることがあるので、コストダウンのためにも利用をしない手はありません。サービス提供される機器に関しては、基本的に新品の機種ではなくすべてが中古のです。

どれくらい型式が古いかは、契約をする会社の在庫状況にもよります。中には超がつくくらい旧型の機器を、契約者に貸し出すケースもゼロではありません。あまりにも古い型式の機器になると、新製品と比べるとかなり性能が落ちます。故障やトラブルが頻繁に発生したり、耐久性は低く、業務の効率化どころか、せっかく導入をしても生産性を落とすことにもなりかねません。しかしこれはほんの一部のことであり、多くのレンタルコピー機は快適な利用ができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *