Skip to content

コピー機をレンタルするメリットとデメリットを解説

数日間のセミナーを行う、期間限定で事務所を立ち上げるなどの理由で、一時的にコピー機を用意する必要が起こることがあります。

そのようなケースで、新たに高額なコピー機を購入するのは現実的な対応とは言えません。リースも長期契約が前提となりますので、短期の使用が想定されるのであれば向いていないでしょう。もっとも良いのがレンタルすることです。コピー機のレンタルは1日単位の貸出しに対応しています。

コピー機のレンタルにはさまざまなメリットがあります。たとえば、リースとは異なり契約を途中で解約することも可能です。半年の予定で借りてなんらかの都合で事務所を閉鎖することになり3カ月で借りる必要がなくなったというときも、基本的に問題なく解約できます。また、借りるときに審査を受ける必要がありません。リースの場合は事前審査が必要で、不合格になれば借りることはできません。

立ち上げたばかりで実績がない会社などは、リースに申し込んでも審査で落ちる可能性があります。しかし、レンタルであれば審査がないため契約して数日で導入することが可能です。これも大きなメリットでしょう。しかし、デメリットもあります。たとえば、リースとは違って借りられる機種は中古に限定されます。中古品はそれだけ故障が起きるリスクも高くなりますので、トラブル時にはすぐに対応してもらえるのかなどきちんと確認することが大切です。また、導入する際にレンタル費用とは別に搬入搬出費がかかります。月額料金もリースよりも割高です。このようなデメリットがあることも把握しておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *