Skip to content

新規事業ではコピー機はレンタルのほうが得です

事業を始めることになったときに、コピー機が必要になります。

法人用のサービスにリーズ業者がありますが、レンタルのほうがお得になるケースも多いです。レンタルは借りている状態なので、契約期間は存在しません。短期間だけ使う契約を交わすことが可能で、都合によってすぐに解約もできます。短い期間に限って必要になった場合や、事業を継続して長く行えるか不安を抱えている時期には借りたほうが安全と言えます。

コピー機は中古品ショップを訪れたとしても購入するには高額な経費がかかります。レンタル契約ならば一般的に月額払いが多いために、購入する場合と比較すると初期費用を抑えられるメリットがあります。事業のために使うとなると家庭用プリンターではコピー機の代用をすることは難しく、印刷の品質が異なります。耐久性も大きく違いがあるために、多くの印刷が必要になる事業ではコピー機の導入が不可欠です。

家庭用プリンターでは故障した際に修理をしなければならないですし、インク代もばかになりません。レンタル業者との間に保守契約を締結することが可能で、故障したときには素早く修理を依頼できます。そのために故障などのトラブルが発生したとしても、余計な費用がかかる心配はありませんし、業務に支障が生じることも無いです。専門業者のスタッフに定期的にメンテナンスをしてもらえるために、事前に整備を行えるためにトラブルを予防できます。業者によっては依頼をしてから最短2日程度で、事業所に設置することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *