Skip to content

コピー機は買い替えよりもレンタルがお得で便利

一般的な企業のオフィスでも、近頃はデスクワークがほとんどデジタル化しました。

個人経営の事務所でも、それは同様です。パソコンソフトでプレゼンテーション用の資料を作成したり、クライアントに配布するビジネス文書を仕上げます。完成させた後は、プリンタをそれを出力します。場合によってはコピー機を更に活用して、大量に同じ資料やビジネス文書を印刷しなければなりません。コピー機は企業の大小を問わず、ビジネスシーンのマストアイテムです。

業務用のコピー機をそろそろ入れ替えたいけれど、買い替えに掛かるコストが辛い、そう感じる経営者の方々も多いかもしれません。買い替えるよりも、コピー機はレンタルした方が実はコストパフォーマンスが高いです。レンタルなら月々僅かな料金を支払うだけであり、減価償却費や固定資産税といった維持費も不要です。大型の業務用機器を複数台、オフィスで購入し、継続的に所有すると様々な維持費がかかります。

いわゆる日常的な事務作業はパソコン用のプリンタで事足る、ただ年末や繁忙期に限り、コピー機を使う事が多々ある、このような場合こそレンタル契約がオススメです。レンタルなら必要な時期に、必要な台数だけ借りられます。さらにメンテナンスの手間や費用、そして所有権などはレンタル元の専門業者が基本的に負担してくれます。丁度旧型の製品を処分する時期に差し掛かっているなら、買い替えではなく、借りるサービスへ乗り換えてみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *