Skip to content

コピー機のレンタルとリースの違いについて

事業でコピー機の導入を検討している場合には、レンタルにするかリースにするか迷うこともあるでしょう。

レンタルとリースは契約内容が全く異なるために、十分に内容を把握しておくことが大事です。リースと比べたときの最大の違いは契約期間です。リース契約ならば平均的に3~6年程度の契約となりますし、途中で解約ができないために月額料金を支払い続けなければなりません。

レンタルならばいつでも中途解約ができることが一般的で、短期的に借りることが可能です。そのために長期間にわたって新規機種のコピー機を使いたい会社ならばリースすることがおすすめですが、短い間だけ必要なのであれば借りたほうがお得と言えるでしょう。レンタルのメリットには導入までがスピーディーに進む点もあります。リースは審査を受けて通過することで契約が行われますが、レンタルでは審査は不要です。最短ならば依頼をしてから数日程度で導入ができるために、急いでコピー機が要る事情があるときに便利です。

一方でデメリットもあり、借りることが可能な機種が限られます。少ない機種の中から選ぶことが普通で、複雑な印刷技術を求めたい場合には対応できないことも考えられます。ただし、故障したときでも保守契約を結んでおけば、業者のスタッフが修理してくれるので安心です。定期的にメンテナンスも行ってくれるために、何度も故障の度に修理業者に依頼しなくても済みます。どちらのサービスを利用したほうが良いのか、用途に応じて決めることが最適な選択となります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *